プロとアマチュアの差。

フィットネス・エクササイズ2019年10月21日

今年の夏、私が夢中になっていたもの。それは、高校野球です。実は私の母校も、負けてはしまいましたが、大阪予選でベスト8まで進出しました。試合の日、たまたまタイミングよくお休みで、昼間に母校の応援に行き、夜はプロ野球を観に行くという、野球観戦三昧の一日を過ごしました。
ここからが『プロとアマチュアの差』のお話になるのですが、まずは体格差。これは最近の高校生は体格的に大きく、あまり差は感じないのですが、やはりそのパワーとスピード、そして技術(これは当たり前なのですが)や、打球の速さというのはやはりプロは違います。
そこで、体力についてのアカデミックなネタを一つ、ご紹介します。体力・運動能力などにおける年齢のピークはいつなのか?

筋力:男性30〜34才 女性40〜44才
柔軟性:男女とも17才
敏捷性:男性18才頃 女性14〜19才
瞬発力:男女とも19才頃
全身持久力:男性14才 女性13才
(いずれも文部科学省における体力・運動能力調査結果平成17年度による)

ということです。筋力以外は、ほぼ高校生までにピークを迎えるのですが、筋力については、少しピークがずれてくるようです。これが、プロに入ってからのパワーやスピードにつながってくるんでしょうね。と考えると、われわれ一般人も頑張りしだいで、筋力はアップできるんです。また、ピーク時のようには戻らないにしても、現在の生活状況に応じた、体力・運動能力を身につけることは出来ると思います。皆さん、希望をもって頑張りましょう。


(渡辺)

画像(1):母校の試合を応援してきました。
画像(2):プロ野球の観戦。
※画像撮影者/渡辺
写真:母校の試合を応援してきました。 写真:プロ野球の観戦。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。