バーベルorダンベル

フィットネス・エクササイズ2019年8月25日

こんにちは。フィットネススタッフの菱谷です。
みなさんはトレーニングをする時、バリエーションを意識してメニューを組んでいますか?
自分の好きな種目や得意なやり方に偏っていませんか?
今回は普段のトレーニングで簡単に意識できるポイントをお伝えします!
フリーウエイト種目を選択する時、ダンベルとバーベル両方のトレーニングを行う事です。

例えば、胸のトレーニングでバーベルのベンチプレスしかやらない方は、ダンベルのベンチプレスをやってみて下さい。
上腕二頭筋の場合、ダンベルのアームカールしかやらない方は、バーベルのアームカールをやってみて下さい。

バーベルトレーニングのメリットは、高重量を扱いやすく、左右のバランスがとりやすいです。
ダンベルトレーニングのメリットは、左右の重りが独立しているので、バーベルよりも可動域を広くできます。

バーベル、ダンベルの両方のトレーニングをする事で、よりレベルの高いトレーニングが行えるので
ぜひ実践してみて下さい!


(菱谷)

画像(1):トレーニング1
画像(2):トレーニング2
※画像撮影者/菱谷
写真:トレーニング1 写真:トレーニング2

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。