スクワット

フィットネス・エクササイズ2021年5月18日

こんにちは!フィットネススタッフの山田です!

僕がおすすめさせて頂くトレーニングは自宅でも出来る自重スクワットです。 スクワットはトレーニングの王様とも呼ばれており、下半身の筋肉(お尻、太腿の前と後ろ、内腿)と体のバランスをとるために上半身では腹筋や背筋も使いますので全身まんべんなく鍛えられます!

下半身は上半身よりも大きな筋肉がたくさん集まっており、身体全体の70%を占めているのでトレーニングする事によって基礎代謝が上がり脂肪を燃焼してくる体作りにもなる事や、足腰の引き締め、足を疲れにくくする為などさまざまなメリットがあります!

効かせる為には正しいフォームでやることが大事になります!

ポイントは
1.動作の間は胸を張って上半身はまっすぐの状態を保つ事。

2.体重はかかとのほうにのせる。

では次にやり方ですが

足の幅は肩幅よりも少し広くとり、つま先と膝はやや外側に向けます。体を落としていく時は息をすいながらお尻を下げていきます。下げた時に床と太腿が平行になるくらいがベストです上がる時は息を吐きながら上がります。 初心者の方や体力に自信のない方は深くせずに浅く行ってください。ご年配方など後ろに倒れる危険性もありますので椅子を使って頂くのも有りです。

注意点何ですが
・猫背や前傾になりすぎないようにつま先の方へ体重を掛けすぎないように気をつける事

・つま先と膝は同じ方向に向けてあげて、下ろす時に膝がつま先よりも前に出過ぎないようにする。膝が内側へ入ったり外側に開いたりしないようにしてください。

以上が自重でのスクワットのやり方になります。

下半身の筋肉は使わないと筋肉も落ちやすい所ですので、なるべく落とさないようにして頂きたいと思ってます!僕が右足怪我した時にすごい筋肉量が落ちて落ちた筋肉量を戻すのもなかなか大変でしたが現在はほとんど左右もない状態にまでなりました。でも、またトレーニングしなくなると筋力が落ちてしまうのでスクワットは週に2-3日で10回×3セット取り入れてます!

健康な体が第一だと考えてますのでスクワットを紹介させて頂きました。自宅でも出来ますので是非やって頂きたいです。

以上です。

ありがとうございました!


(山田)

画像(1):スクワット1
画像(2):スクワット2
※画像撮影者/山田
写真:スクワット1 写真:スクワット2

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。