二日酔いを避ける方法

ダイエット・美容2019年12月15日

今回が僕がお話するのは、大好きなお酒についてです。

お酒と聞くと身体に悪いイメージがあるかと思うのですが、実は少量なら身体にいいことがわかっています。
少量なら血の循環が良くなって、身体に良く長生きすると言われています。
しかし、少量では留まらず飲み過ぎてしまう人もいてるかとは思います。
そういった人はどうしたらいいのかと言いますと、結論から言えば水を飲むことです。
お酒を飲むと『アセトアルデヒド』という物質が体内に入り、その物質が身体を酔っているという状態にします。
さらにアセトアルデヒドは、体内の水分を奪っていきます。
お酒を飲むと最後に『お冷や』や『あがり』を頼むのはそれを補うためです。
飲んでる途中にお冷やを頼むと、お酒が苦手だと馬鹿にされるかもしれませんが、それは身体にいいことなのでどんどんお水を飲むべきです。

僕は今まで飲み会があれば、必ず途中にお冷やを頼み飲んでいました。
そのおかげで今まで二日酔いになったことがありません。
みなさんもぜひ、途中にお冷やをはさむことをオススメします。


(奥田)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。