早食いになっていませんか?

食事・栄養・レシピ2019年9月20日

ダイエットなどをする時に、食事をする際にはしっかり噛みましょうという話を耳にすると思います。なぜ、たくさん噛むとダイエットに効果があるのでしょうか?

理由としましては色々ありますが、最も知られている理由は満腹中枢が刺激されるからという理由ではないでしょうか?もう少し詳しく説明しますと、ゆっくり食べることによって、脳が食べているものを記録します。そうすることで唾液の分泌が活発になり、少量の食事でも満腹感を得られるということです。

また、人は食べてから20〜30分後に満腹感のピークに到達すると言われています。ですから、食べ始めから食べるスピードが速い方や、一気に食べてしまう方はその分余計な脂肪を蓄えることになってしまうので要注意です。反対に、満腹感のピークまでにゆっくりとたくさん噛んで食べれば、必然的に食べる量が減るので余分なカロリーをカットできるというわけです。

普段から速く食べてしまっているなと感じている方は、食事のときに時間に余裕を持って食べるように心がけてみてください。


(宮崎)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。