今年もよろしくお願い致します。

食事・栄養・レシピ2021年1月7日

鶴ヶ丘店の川原です。年末年始はいかがお過ごしだったでしょうか?寒いのと自粛ということもあり、私は家で食っちゃ寝の繰り返しでした。そこで今回はお正月の代名詞というべき「お餅」について話していきたいと思います。

まずなぜお餅はお正月によく食べられるのか知っていますか?お正月にお餅を食べるのは
平安時代に行われていた行事の「歯固めの儀」に由来していて。もともとお餅は神様に捧げる神聖な食べ物でした。また長く延びるお餅は長寿を願う意味も含まれているということみたいです。

次にお餅を食べすぎて体重が増えてしまったという方も多いのではないでしょうか?ではなぜお餅は太りやすいのか?まずお餅は1個だいたい50gあたり112kcalで糖質量は25.2gでこれだけみると決して高い値ではないといえます。しかしお餅はGI値と呼ばれる炭水化物が糖に変わるスピードが早く、これにより血糖値が急上昇することで太る可能性が上がります。他にも単純に1個あたりのカロリー自体は少なくても、色々な食べ方がありついつい食べすぎてしまうことが原因なので、お餅を食べられる際は食べすぎてしまうことのないようにしましょう。

とういうことで今回はお餅について書かせて頂きました、体重の変化などについてはInbodyを無料で測定させて頂いているのでいつでもお声掛けください。

本年もよろしくお願いします。


(川原)

画像(1):お餅
※画像撮影者/川原
写真:お餅

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。