ウォーキング

ランニング・ジョギング2019年8月25日

こんにちは!!
フィットネススタッフの坂下です。
最近気候が良くなってきたので、
通勤手段を自転車から徒歩に変えてみました!
皆さまも歩かれたりしていますか?
今回のブログはウォーキングについて載せたいと思います。

最近ウォーキングをしている方をよくお見かけします。
ウォーキングはジョギングやランニングと異なり、身体にかかる負担が小さいです。
その為、老若男女問わずできる手軽な運動法でもあり、ダイエットや健康面において良い影響をもたらすと言われています。

ウォーキングの運動効果は
・ストレス解消
・体質改善
・美容効果
・心肺機能の向上
・集中力や記憶力の向上
・脂肪燃焼(ダイエット効果)
の6つが期待できます。

ただ間違った姿勢で行うといつまで経っても効果が実感できません。
そこで効果があらわれる為に正しい歩き方のコツを説明いたします。

最初に背筋を伸ばし、頭が引っ張りあげられているようなイメージを意識して下さい。
お尻の筋肉を引き締める事とお腹を引っ込めることを忘れないでください。
横から見た時に耳、肩、膝、くるぶしなどが一直線にすると伸びたキレイな姿勢に見えます。
ちなみにこの正しい姿勢を維持するには腹筋と背筋を必要とする為、慣れない方は最初は苦労するかもしれません。

姿勢ができたら次は動作です。
歩く時に、かかとからつま先を順番にに踏むように(かかと)(指のつけね)(足の指)がしっかり地面につくように意識します。
足の指は親指から小指の順で意識できれば疲れが蓄積されにくく歩けます。

次に歩くスピードをいつもより速くすることを心がけてください。
この意識で自然と歩幅が広くなって運動効果もあがります。

腕を振った方が動きにリズムが生まれやすく自然とスピードも上昇し、大きな運動効果も期待できます。
ただ慣れるまでは肩に力が入りやすいので肩の力を抜いてリラックス状態にしておくことが大切です。

最後に運動をするときは呼吸も大事です。
ウォーキングは有酸素効果があるため、酸素を全身に送り込んで心肺機能を高めることで
効果が高まります。
イメージしていただきたいのは「吸うより吐く方を長く」です。

以上のことを慣れるまでは難しいかもしれませんが毎日の仕事でストレスが溜まっている方も休日などを利用して実践する事をおすすめいたします。
ウォーキングは心身のバランスを整えるのに適した運動です。
オアシスにはテレビを見ながら歩けるウォーキングマシンもありますし、近くに長居公園もあります。
1人では続かないという方も友人や家族と一緒にぜひ実践してみてくださいね!


(坂下)

画像(1):ウォーキング
※画像撮影者/坂下
写真:ウォーキング

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。