スタッフから学ぼう!

フィットネス・エクササイズ2021年6月18日

こんにちは、フロントスタッフの堀池です!!
夏が過ぎ皆さんのトレーニングへのモチベーションが少しずつ低下してしまうのではないか、という事を私は心配しております。
そこで9月からオアシス狭山のスタッフが普段どんなトレーニングを行っているのか、
どのようなメニューを組み立てているのか、私が直接狭山のスタッフにインタビューして発信して行こうと思います。
今回のモデルはフィットネススタッフの杉本です。

私「今日はどんなトレーニングを行いますか?」
杉本「今日は調子が良いのでBIG3の記録更新を目指したいと思います!」

BIG3とは「スクワット」「ベンチプレス」「デッドリフト」の3種目のことを指し、身体の大きな筋肉に負荷をかけることで全身を効率よく鍛えることができます。
実はオアシス狭山のスタッフは昔からBIG3の記録を競い合う伝統があります。いつから行っているかはわかりませんが私がスタッフになったときから女性スタッフも男性スタッフに負けないようにBIG3の記録更新を目指しています。

私「この3種目を行うときに気を付けていることはありますか?」
杉本「やはり大きな筋肉を使う種目なのでいつも以上にストレッチやウォーミングアップを丁寧に行うようにしています。眠っている筋肉ではパワーも十分に発揮できないので」

私「3種目の中でも特にスクワットは入念にフォームを意識していたように見えましたが」
杉本「はい、昔スクワットをしていて腰を痛めてしまったことがあるんですけど、その時は腰を反りすぎて負荷が一点に集中してしまっていました。そのリスクを抑えるために腹筋をうまく使うようにしています。それから膝が内側に入ってしまい、膝周りの関節などを痛めてしまう事があるので、膝の向きにも気を遣っています。」

私「なるほど!他の二種目についてはどうですか?」
杉本「やはりフォームと意識です。これはどのトレーニングを行っている時も当てはまりますが、どの筋肉を鍛えているのかをきちんと意識して動かすと、無駄なくトレーニングができます。マシンではなくフリーウェイトの場合は動かし方次第で使う筋肉が変わってきちゃうのでフォームにも要注意です。」

知識を基に細かい部分にも気を使いながらたくさんのこだわりを持っており、さすがだなぁと感心してしまいました。
杉本は写真のように軽めの負荷でウォーミングアップを行いフォームを確認した後、記録更新をめざし最大重量に挑戦していました。(最大重量にチャレンジするときは補助についてもらうようにしましょう)

写真:スクワット
画像(1)スクワット

写真:ベンチプレス
画像(2)ベンチプレス

写真:デッドリフト
画像(3)デッドリフト

彼の今の最高記録はスクワット90kg、ベンチプレス75kg、デッドリフト120kgでした。
結果は、、
新記録更新!!!!
とはならずでしたがもう少しで記録更新でした!惜しい!
ちなみに後ほど私も挑戦しましたが、3種目全てあっさり負けました。記録は内緒です。

フリーウェイトは他にもさまざまな種目があり非常に効果的なトレーニングです。
興味のある方はスタッフに正しいフォームを指導してもらいチャレンジしてみて下さい。
そして今後もスタッフのトレーニングやこだわりを記事にしていくので、是非参考にしてみて下さい。


(堀池)

画像(1):スクワット
画像(2):ベンチプレス
画像(3):デッドリフト
※画像撮影者/堀池
写真:スクワット 写真:ベンチプレス 写真:デッドリフト

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。