自分に合った運動の選び方

フィットネス・エクササイズ2021年6月14日

自分に合った運動の選び方
〜狭山店 セレクション〜

WEBGYMがリニューアルされました!
今までよりも更にコンテンツが増え、よりご自宅でのトレーニングにご活用いただけます。
そんなWEBGYM内にあるオススメメニューをご紹介します!!

【在宅ワークの方必見!自宅での引き締め運動しませんか?】
今回は、お腹、ウエスト、体幹引き締めに効果的な2つのメニューをご紹介します!
デスクワークやおうち時間、座っている機会が多いこのご時世に家でも出来る引き締め運動で夏に向けて準備しませんか?
もちろん、オアシスに来ていただいても出来るメニューです。

【 V字クランチ 】
 手足を伸ばした状態がスタートポジションです。一度息を吸って、吐きながら、身体をVの字まで起こしましょう。1秒程キープしたら元のスタートポジションへ戻ります。膝、肘が
真っ直ぐに、近づく程負荷が上がるので、ご自身の体調に合わせて調整してください。おへそ辺りに終始力を入れて、腰が反らないのが安全に効果を出すポイントです。まずは、5回から初め、目標は15回にチャレンジください。腰、足首、指先を伸ばしてすると1回目から効きます!お腹、脚、肩周辺が使えているのを感じてください。

【 サイドプランクシークエンス 】
 肩の下に肘が来る、腰が地面に対して垂直をまず、作りましょう。両肩と顔、腰のラインがT字をキープし上の腕を天井に伸ばした状態がスタートポジションです。このままでもウエスト、体幹に効果がありますが、ここから天井の腕を下の脇の下へ息を吐きながらくぐらせましょう。下で1秒キープして元のスタートポジションに戻ります。腕を動かすことで重心が変わるので、ウエスト、体幹引き締めに効果的です。まずは左右7回を目標にチャレンジください!スタートポジションに戻った際、きれいなT字を作れていると、安全に効果的な運動になります。

どちらも、姿勢が大事になります。やり方が不安な方はフィットスタッフにお声掛けください。


(波江野)

画像(1):スタートポジション
画像(2):きれいなV時がフィニッシュポジション
画像(3):きれいなTの字がスタートポジション
画像(4):肘が身体の下に来ると効果的なフィニッシュポジション
※画像撮影者/波江野
写真:スタートポジション 写真:きれいなV時がフィニッシュポジション 写真:きれいなTの字がスタートポジション 写真:肘が身体の下に来ると効果的なフィニッシュポジション

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。