泳ぐための筋トレ

店舗日誌2020年10月22日

こんにちは、オアシス狭山店スタッフの林田です。
今回は、普段私が行っている筋トレの内容を紹介します!
【胸】
主にベンチプレスをしています。
胸の筋肉は、手で水を押す動作(ストローク)や、タッチターンの際に使われます。
【背中】
デッドリフト、懸垂、ローイングなどをしています。
背中の筋肉は、ストロークの際に使われていて、水泳では一番と言っていいくらい大事な部位になります。
また、泳ぎの姿勢を安定させる働きもしてくれます。
【脚】
スクワット、ランジをしています。
脚の筋肉は、足の動作(キック)や、スタートで壁を蹴る際に使われます。

これらの部位のうち、1回のトレーニングで2種類行ってから、プールへ泳ぎに行くという方法でトレーニングしています。
泳ぐだけではなかなか筋肉は増えにくいので、もっと早く泳ぎたい方は是非筋トレもお試し下さい。
一緒に頑張りましょう!


(林田)

画像(1):グルーツビルダーで
画像(2):ベンチプレス
※画像撮影者/尾保手
写真:グルーツビルダーで 写真:ベンチプレス

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。