東急感謝Dayを終えて

店舗日誌2021年4月18日

こんにちは!フロントスタッフの古田です。
先日は東急感謝Dayということで、多くの会員様にInBody測定していただきました。初めての方も、そうでない方もたくさんのご参加ありがとうございました。
今回の測定会を機に、今後もInBodyを有効活用していただきたいので、今回は実際に僕の測定結果を見ながらInBody測定結果用紙の見方をご説明していきます!

写真:InBody測定
画像(1)InBody測定

最初は体重、骨格筋量、体脂肪量のグラフをみてみましょう。
体重、体脂肪量のグラフが短く、骨格筋量のグラフが長い【山形】であるほど理想の身体に近いといわれています。
僕のグラフは体重と体脂肪量が多いため山がとても低くなってしまっています。
また前回測定と比べると、骨格筋量は増えたのですが体脂肪量は変わっていません。そのため体重がついに標準を超えてしまいました…。

次はBMI、体脂肪率、ウエストヒップ比のグラフです。
このグラフは体脂肪率が短い、【谷型】のグラフが理想といわれています。
僕のグラフは見ての通り標準範囲ギリギリです。体脂肪率がかろうじて少し凹んでいる程度です。体脂肪を落とす努力が必要ですね。

写真:測定結果1
画像(2)測定結果1

最後に身体バランスの表を見てみます。
この表は全身の筋肉量が部位ごとに色分けされており、成長が一目でわかります。
また、前回測定との差も分かりやすいので活用されている方も多いかと思います。
ちなみに僕は前回測定と比べて全体的にバランス良く筋肉量が増えています!!

写真:測定結果2
画像(3)測定結果2

このように、筋肉量が増えて嬉しい結果になるとモチベーションもあがります。ただ体脂肪が多いのは反省点ですね。僕は測定のたびに一喜一憂したりして楽しみながらトレーニングをしています!

これまで定期的にInBody測定されたことが無い方は、ぜひこの機会に習慣にしてみてはいかがでしょうか。
また測定用紙には前回測定分との比較のみの表記ですが、フィットスタッフにお声かけしていただければそれ以前の結果もお調べ致します。1年前の自分と比べてみたりするのも面白そうですね!


(古田)

画像(1):InBody測定
画像(2):測定結果1
画像(3):測定結果2
※画像撮影者/岡井
写真:InBody測定 写真:測定結果1 写真:測定結果2

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。