健康的な睡眠方法

健康2013年6月12日

こんにちは!段々と気候も暖かくなり、最近は気持ち良い天気からか眠くなりませんか?今回のテーマは『睡眠』です。ご自身のライフスタイルを思い返して見てください。夜は何時に寝て、朝は何時に起きますか?また、寝つきは良いでしょうか?私たちは人生の約3分の1を寝て過ごしています。この大きな時間の過ごし方をかえることができれば、残りの3分の2もより健康的で違った世界になることでしょう。

【睡眠の効果】
睡眠の最大の効果は、1日の疲労を回復することです。その中でも脳を休めることが重要といえます。睡眠中はさまざまなホルモンが分泌され、体を修復し、新陳代謝を促して、日中の活動で疲れた身体を効率よく修復します。また、免疫力を高める役割もあります。身体の疲れは横になって休むだけでもある程度回復できますが、脳は起きている間中働きっぱなしで、眠ることでしか休息できないのです。私たちは、心と身体の健康を保つために眠る必要があるのです。

【良い睡眠】
『良い睡眠』とは。簡単に言うと昼間に眠くならないことです。昨日いっぱい寝たのになぜ今日は眠いのかな・・・。といったことはないですか?睡眠は沢山寝たからといって良いわけではありません。例えば、3時間睡眠で大丈夫と言われるナポレオンや10時間の睡眠を必要とするアインシュタインのような人もいます。適切な睡眠時間は人それぞれなのです。

【健康的な睡眠方法】
まずは、『寝る前にコップ1杯の水を飲みましょう。』寝ている間は水分が身体から徐々に失われていきます。身体の脱水を防ぐことで健康的な睡眠になります。また、同様に起床後にも水を飲むとより効果的です。寝る前と起床後の水は『宝水』と言われています。

写真:寝る前にコップ1杯のお水を飲みましょう!
画像(1)寝る前にコップ1杯のお水を飲みましょう!

次に、『電気を消して真っ暗な状況で眠りましょう。』なぜなら、暗い場所で寝ることによりメラトニンの分泌が高まり、眠れと身体に指令がでるからです。また、明るい場所で寝ると太りやすいと言われます。そして、『睡眠中にはレム睡眠とノンレム睡眠があり、ワンセット90分で数回繰り返しています。』夢は、レム睡眠のときに見るといわれています。このリズムがくずれると目覚めが良くありません。気持ち良く目覚めるための最適な睡眠時間は90分の倍数といえます。最後に、『朝の光を浴びましょう。』人間には生活リズムが重要です。光を浴びることで体内時計をリセットし1日を気持ち良くスタートしましょう。皆さんも、睡眠を効果的にとることで、健康的なライフスタイルを手にいれましょう。

※オアシス狭山店スタッフ今村のコラムが「第6回健康コラム6月号」に掲載されました。
※「健康コラム」様に掲載許可をいただいています。


(今村)

画像(1):寝る前にコップ1杯のお水を飲みましょう!
※画像撮影者/洞渕
写真:寝る前にコップ1杯のお水を飲みましょう!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。