メリハリボディをつくろう!

健康2020年10月22日

いよいよ夏の足音が聞こえてきました。暑くなると薄着になる機会も多く、新しい水着で海に行こうなんて考えている方も多いのではないでしょうか?私も、「夏までに体重を落したい」「身体を引き締めたい」とお声をいただくことが多くなってきました。そこで!そんな声にお応えして今回は「メリハリボディ」をテーマにお話します。

【メリハリボディをつくる引き締めサイクルとは?】
皆さんは、ダイエットとシェイプアップの違いをご存知ですか?ダイエットは食事療法、シェイプアップは運動療法ですが、「第2回健康コラム 健康で美しい身体へ」にて健康的に痩せるには「筋力トレーニング」が重要であることをお話しました。つまり、ダイエットよりもシェイプアップの方が「メリハリボディ」をつくる最善策です。それは、効果的な筋肉トレーニングにより「筋肉が活性化」し、消費カロリーの向上につながるからです。
この夏は、シェイプアップで「引き締めサイクル」を手に入れましょう!

【火事場の馬鹿力を引き出そう!】
人は筋肉の収縮により動くことができますが、この筋肉の動く力(power)を向上させることが「筋肉の活性化」につながります。人は、普段持っている力の半分も使っていません。と言うよりも全力を出そうとしても、出せないのです。それは、脳からのコントロールにより制限されているからです。このコントロールが何かのきっかけで外れて、とんでもない力が出ることを「火事場の馬鹿力」なんて言いますが、運動を取り入れることで、より大きな力を出すことが出来るようになります。そして、力のでる身体になれば、同じ運動でもより多くのカロリーを消費することができるのです。こうして、引き締めサイクルはゆっくりとまわりはじめます!

【筋トレで腕が太くなるという誤解!?】
では、どうすれば「大きな力が出る身体」になるのでしょうか?それは、日常よりも少し高い負荷での筋力トレーニングを行なう必要があります。しかし、女性の中には「筋肉をつけたら腕が太くなる」と心配されている方も多いのではないでしょうか?ご安心下さい。筋肉(muscle)を増やすのではなく、筋力(power)を向上させることが目的ですので、腕が太くなることはありません。また、筋肉にはいろいろな特性があります。例えば、腕の裏の筋肉は他の筋肉と比べると肥大しにくいという性質があります。このような性質を理解し、筋力の向上を行なうことで、より魅力的な身体をつくることができます。皆さんも今年の夏は「シェイプアップ」で「引き締めサイクル」をまわしませんか?「水着が着たい」「夏までに身体を引き締めたい」そんな願望を叶えるために、いつから始めますか?

※オアシス狭山店スタッフ今村のコラムが「第7回健康コラム7月号」に掲載されました。
※「健康コラム」様に掲載許可をいただいています。


(今村)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。