柔道の楽しさ

健康2020年10月24日

私は小5〜高3まで柔道をしていました。大学になってからは柔道部に入らなかったので、柔道をする機会が無くなりましたが、年に1度だけ年初めの練習の時に、OBも全員集まって練習をする風習があるので、そのことが柔道をする唯一の機会になっています。ですが、柔道をやめてからブランクがあるので、体力と筋力の低下はすごく実感します。

柔道は全身を使うスポーツ(武道)で、主に使うのは体幹や下半身で、崩れたりぶれたりすると投げられやすくなるので、その部位のトレーニングは欠かせません。私たちのトレーニングは自体重トレーニング(腕立て、腹筋、スクワット、懸垂etc)が中心で重りを使ったトレーニングはあまりしません。

柔道は、テレビなどで見てもわかるように体重差関係なく人を投げるということが魅力なので、やはり投げれた時の快感はすごくあります。もちろん見るだけでもすごく楽しいですし、オリンピックなどでご覧になる機会は多いと思いますので、柔道に興味がなかった方も一度ご覧になってみてください!


(畠山)

画像(1):体幹を鍛えることによって、軸が安定して投げられにくくなります。
画像(2):体重差関係なく投げる事ができるとこが柔道のおもしろい所です!
※画像撮影者/畠山
写真:体幹を鍛えることによって、軸が安定して投げられにくくなります。 写真:体重差関係なく投げる事ができるとこが柔道のおもしろい所です!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。