余韻

マネージャーのヒトリゴト2020年10月30日

イベント参加人数

40名

写真:
画像(1)

第1回ベストボディスミノドウ、多くの審査員(会員の皆様)にジャッジいただきました!今回は、会員様のエントリーがなかった為、スタッフ7名のコンテストになりましたが、普段、ユニフォーム姿の各スタッフが、トレーニングの賜物である自前の筋肉を披露し、競い合いました。審査員はなんと40名を超え、スタッフの入場、ランウェイを行うごとに、盛大な拍手をいただきました!私の見苦しい上半身を見ても、温かい声援で迎えていただいたこと、本当に有り難かったです。
写真:
画像(2)

今回の試みは、CooLなGYMでカッコいい身体を目指そう!と「会員様のやる気スイッチ」をONにしていくきっかけになれば、とスタッフが企画してくれました。植附(うえつけ)トレーナーや吉田トレーナーを始め、コンテストの専門性に詳しい方からアドバイスをいただいたり、スタッフにはポージング練習を事前にしたりと、出来る限り、本物志向を追及して行いました。その理由としては、やはり第2回では、より多くの会員の皆様に参加いただきたい、次回以降の参加を検討される方々の目安になるスタートとしたい、という思いがありました。フロントポーズ、サイド、バックと実際のコンテスト内容とほぼ同様に行いました。
写真:
画像(3)

自身の感想としましては、普段よりも食事の内容、摂取のタイミング等に気をつけたり、少し身体を日焼けさせたり、と「自分を磨く」ということを繰り返していく日々は、苦ではありませんでした。どんどん自分を洗練させていく過程として、自己肯定感が高まる気分がありました。これがしっかりと腹筋をシックスパックに割る、ウエストのくびれ、と形に現れてきたときには、より自分に自信が持てるのだろうと。(今回は残念ながらそこまでに至らずです。)

コンテストの最後にご挨拶をさせていただきましたが、是非、このベストボディスミノドウを2回、3回と継続していきたく思います。日々のトレーニングの成果を発表する場として、また、それを讃えあうことができる場として、多くの皆様のご参加をお待ちしております!Love Suminodo!

写真:左:ベストジーニスト賞のスタッフ山本 右:ベストボディースミノドウ 初代チャンピオン スタッフ森田
画像(4)左:ベストジーニスト賞のスタッフ山本 右:ベストボディースミノドウ 初代チャンピオン スタッフ森田


(上田)
写真: 写真: 写真: 写真:左:ベストジーニスト賞のスタッフ山本 右:ベストボディースミノドウ 初代チャンピオン スタッフ森田

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。