ご存知ですか?夏バテの原因

健康2020年10月30日

こんにちは!フロントスタッフの筒井です。かなり暑さも和らいで朝晩は過ごしやすくなりましたね。しかし、この夏の暑さはすごかった。災害級の暑さとかニュースで耳にしました。災害級・・・どういうこと?ひたすらに怖い響きです。日本の夏はどこまで暑くなるのでしょうか。
ところで、ご存知ですか?夏バテの原因。夏バテと聞くと暑さが原因と思われがちですか実は「内臓の冷え」が原因のひとつなんです!内臓の冷え?なにそれ?っておもいますよね。暑いと冷た〜い飲み物をたくさん飲んでしまいます。だって美味しいもん!だけど、そういえば最近・・・「疲れが抜けない」「体がだるい」「食欲がわかない」とかないですか?それ「内臓の冷え」が原因の夏バテかもしれません。冷えた飲み物の摂りすぎると、内臓をどんどん冷やしてしまい血流が悪化します。すると、胃腸の働きが悪くなり食欲も低下。その結果、体は栄養も水分も不足した状態になってしまいます。そんなこと言われても冷たい飲み物飲みたいですよね?飲めます!冷たい飲み物が絶対ダメではなく、飲み方しだいで「内臓の冷え」を解消することができます!
1、冷たい飲み物をがぶ飲み、一気飲みをしない。冷たいものを飲むときは、「一気飲み」「がぶ飲み」を控えます。ガブガブとのどに流し込まず、一口ずつ、いったん口にふくんでから飲み込む。このひと手間で胃腸への刺激も和らぎます。
2、冷たい飲み物を摂らない時間をつくる。例えば、食事時は必ず温かいものを摂ると決めます。朝食時は温かい紅茶やカップスープなど、昼食や夕食時には温かい汁物や飲み物も一緒にいただくようにする。
少しだけ、習慣をかえるだけ!これならできそうです私も!夏バテに負けず、残暑を乗り切りましょう!

写真:
画像(1)


(筒井)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。