お試しあれ 少し難しいですよ

フィットネス・エクササイズ2020年3月22日

みなさんこんにちは

前回は「丸くなってしまった背中に対してのストレッチ」を紹介させていただきました。

そして今回は「丸くなってしまった背中に対してのエクササイズ」を紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

丸くなってしまった腰、背中に対して、腰、背中の姿勢を保持させる多裂筋というインナーマッスルのエクササイズです。

写真:
画像(2)
写真:
画像(1)

1.四つ這いになる。この時、両手は肩の下、両膝はお尻の下に置く
2.右手と左足をまっすぐ伸ばし、体幹と同じ高さまで右手と左足を上げる
3.手足を左右入れ替えて行う

この2の姿勢を、ご自身のレベルに合わせて10~30秒行います。

エラー動作、注意点
体幹が丸くなる
体幹の高さが左右で上下してしまう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

背中が丸くなっていると、肩甲骨の位置は通常よりも外側に開き胸も張りづらくなります。

そのため、肩甲骨を内側に寄せる、胸を張りやすくするエクササイズです。

写真:
画像(3)
写真:
画像(5)

1.肩幅に足を開く。膝を軽く曲げ、背筋をまっすぐに保ちながら股関節を曲げ,
上半身を前に傾ける
※この姿勢を取るだけでも、腿裏の筋肉がストレッチされ背中の筋肉には刺激が入ります。

2.肩甲骨を寄せる、下げる意識をしながら、両腕をV字に開いて耳の横まで上げる
※正しく出来ていると、背中の中央、肩甲骨の内側から下側までに力が入ります。

エラー動作、注意点
動作中に背中が丸くなる
肩が上がる
肩を上げると肩が痛くなる場合は、ケガにつながる恐れがあるので無理に上げようとしないで下さい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

より肩甲骨を寄せる筋肉に刺激を入れるエクササイズ

写真:
画像(3)
写真:
画像(4)

1.肩幅に足を開く。膝を軽く曲げ、背筋をまっすぐに保ちながら股関節を曲げ,
上半身を前に傾ける
2.肩甲骨を寄せながら、両手を真横に上げる。この時、親指を上に向ける
※正しく出来ていると、肩甲骨の内側に力が入ります。

エラー動作、注意点
動作中に背中が丸くなる
肩が上がる

上記二つ(立った姿勢)のエクササイズで1の姿勢をとることが難しい場合は、椅子などに座って行いましょう。

座って行う場合は、骨盤が後ろに倒れないように、しっかりと骨盤を立てて行います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回のエクササイズは、人によってはすごく難しいエクササイズになります。

そういう風に言われると、やってみたくなりませんか

やってみたいですよね

ぜひ挑戦してみてください

それではまた


(鈴木)
写真: 写真: 写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。