背中をほぐして免疫力UP

フィットネス・エクササイズ2020年8月4日

いきなりあらわれた人類の敵、新型コロナウィルス。連日テレビでの放送を見ているだけでも、気が滅入りますね。
気が滅入ると自律神経に影響し、背中がガチガチに緊張します。
自律神経と免疫力は関係が深く、自律神経のバランスが良ければ、免疫力は確実に上がります。
テレビでも免疫力を上げることがとにかく大事と連日伝えています。
是非、このエクササイズで、知らず知らずかたくなった背中をほぐし、免疫力を上げましょう。

背中のストレッチ

写真:なるべく両脚の間が開かないように、脚を組んでください。
画像(1)なるべく両脚の間が開かないように、脚を組んでください。

1.仰向けになります。
2.両膝を立て、足を閉じます。
3.右足を上にして足を組みます。
4.両手を真横に伸ばし、手のひらを床につけます。

写真:脚を倒した時に反対側の肩が上がらないようにしましょう。
画像(2)脚を倒した時に反対側の肩が上がらないようにしましょう。

5.顔を天井に向けたまま、右肩が床から離れないところまで、両膝を左に倒し、それを元に戻します。
6.倒すー戻す、を10回繰り返し、最後は倒したまま、10カウントキープします。
7.足を組みかえて、反対側も同様に行います。

背中のエクササイズ

写真:腰を反りすぎないように、腹圧も高めてください。
画像(3)腰を反りすぎないように、腹圧も高めてください。

1.立って、かかとをついて、つま先を開き、Vの字にします。
2.足の間にタオルを挟みます。
3.両手は、組まないで頭に添えます。
4.肘を横に張ります。

写真:肘の高さが変わらないようにしてください。
画像(4)肘の高さが変わらないようにしてください。

5.顔を正面に向けたまま、足のつけねから、上半身を曲げ、自然に止まるところまで倒し、それを元の位置に戻します。
6.倒すー戻す、を10回繰り返し、最後は、倒したまま、10カウントキープします。


(松永)

画像(1):なるべく両脚の間が開かないように、脚を組んでください。
画像(2):脚を倒した時に反対側の肩が上がらないようにしましょう。
画像(3):腰を反りすぎないように、腹圧も高めてください。
画像(4):肘の高さが変わらないようにしてください。
※画像撮影者/柿沼
写真:なるべく両脚の間が開かないように、脚を組んでください。 写真:脚を倒した時に反対側の肩が上がらないようにしましょう。 写真:腰を反りすぎないように、腹圧も高めてください。 写真:肘の高さが変わらないようにしてください。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。