ランナー向けストレッチ第2弾

健康2019年11月20日

皆様こんにちは。元気館スタッフの太田です。前回からランナー向けのストレッチ講座を始めました。前回は第一弾ということで、腸腰筋(骨盤)の筋肉のストレッチをお伝えしました。
今回は第二弾として大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)といわれる筋肉のストレッチをお伝えいたします。

まずは大腿筋膜張筋とはどこについているかご存知でしょうか?お尻の横側に骨の部分がありますがそのやや上の所に柔らかくなっている部分があります。そこが大腿筋膜張筋になります。

大腿筋膜張筋は、o脚の方やがに股、外側重心の方は硬くなりやすいポイントです。
ランナーの場合は大腿筋膜張筋に負担がかかることで、ひざを痛めやすくなりやすいです。
大腿筋膜張筋の柔軟性をあげ、ケガ予防にもつなげていきましょう。

それでは大腿筋膜張筋のストレッチ方法です。
1、両膝を曲げて座ります。膝は90度よりも浅くたてていきます。

2、伸ばしたい方の膝を内側にいれます。このとき肩のラインは真っ直ぐのまま膝だけを内側にいれます。

3、余裕のある方は逆脚を伸ばしてる膝の上にのせてもらい強度を高めて伸ばします。

4、外側が伸びてるのを確認して20秒を目安に伸ばしていきます。

注意点
膝に痛みのある方は無理をせずに伸ばしていきましょう。

今回は大腿筋膜張筋のストレッチをお伝えしました。ランナーだけではなく、О脚、がに股が気になるかたもぜひ行ってみてください。

次回はハムストリングスのストレッチをお伝えいたします。


(太田)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。