ストレッチ講座第5弾

健康2019年11月20日

皆様こんにちは。元気館スタッフの太田です。前回はハムストリングス(もも裏)のストレッチを紹介しました。本日は大腿四頭筋(前もも)のストレッチを紹介します。

大腿四頭筋(前もも)は4つの筋肉から形成されています。なのでとても大きな筋肉となっています。大腿四頭筋は瞬発系の筋肉になるので、スピード能力の向上にもつながってきます。また柔軟性が低くなってしまうと骨盤が前傾し身体が前鏡になり足が上がらなくなったり、姿勢が反り腰になりやすくなり腰痛の原因にもなります。特に女性の場合は、骨盤が前傾しやすく前ももの筋肉が硬くなり反り腰になりやすいです。瞬発力向上と姿勢改善のためにも前もものストレッチも行っていきましょう。

1、まずは両膝を曲げて、どちらか片側に両膝を倒します。
2、倒した側と逆側の足首をもち、踵(かかと)をお尻に近づけていきます。
3、背中が反らないようにお腹にも力をいれ、まっすぐな姿勢で行います。

大腿四頭筋(前もも)は大きい筋肉になるので20秒を目安に伸ばしていきましょう。
呼吸は留めずに大きな呼吸をしていきましょう。
 
ご不明な点がありましたら元気館スタッフまでお気軽にお声掛けください。
次回は臀部のストレッチをご紹介いたします。


(太田)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。