きれいに歩きましょう!!

健康2020年3月21日

“きれいに正しく”歩きましょう!!

今回は、すぐにでも実践できる“きれいな歩き方”のポイントを4つ紹介します。

1 目線を前に
2 背中をまっすぐ
3 肘を身体の後ろまでふる
4 かかとから着地
の4つです。

1 目線を前に 

写真:
画像(1)
写真:
画像(2)

目線が下を向いてしまうと背中が曲がってしまい、まっすぐきれいな姿勢が保てません。前を見ることにより、自然と頭が背中の上に位置しやすくなり姿勢がまっすぐになります。
目線一つで姿勢が変わってくるのは、おもしろいですよね!?

2 背中をまっすぐに 

写真:
画像(3)

背中が曲ったり猫背になると、まず肺の動きが小さくなり、呼吸が浅くなって代謝が下がってしまいます。運動効果も最大で20%ロスするとも言われています。
また肩甲骨が外に開いた状態になり、背中の内側に向かってうまく閉じることが出来ず、肩甲骨の動きと連動している腕が後ろに大きく振れなくなり、同時に歩幅もちいさくなります。
運動量は少なくなり、背中が丸まることにより、見た目は実年齢より上に見えてしまうのはいやですよね!?

3 肘を身体の後ろまでふる

写真:
画像(4)

 肘が体の後ろまで振ることが出来ると、背中の筋肉を使えます。
 みなさん気になるウエストまわりの引き締めにもつながってきます。

4 かかとから着地

写真:
画像(5)

かかとから着地すると、足首と股関節で体重を受け止めることが出来ますし、
歩幅が広くなります。
つま先から着地すると、体が前に倒れやすくなり、膝への負担が大きくなるのです。
 
おわりに
皆様自身の歩き方は、いかがだったでしょうか?
少しでも、歩き方をよくしたい、歩いてどこかに出かけたい、いつまでも健康にすごしたいと思った方は、まずは普段の歩き方から見直してみるのはいかがでしょうか?

                     
                               川元 


(川元)
写真: 写真: 写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。