免疫力アップのために

健康2020年3月31日

新型コロナウィルスの猛威が止まらない中、外出自粛も叫ばれていて、日々の活動の制限がかなり制限されているため、ウズウズしている方も多いのではないでしょうか?
元気館館長の柿沼です。
当館のフィットネスチームが自宅で出来る簡単なトレーニングやストレッチの方法を紹介しておりますが、今回は感染予防にもつながる「免疫力」をテーマにお伝えしたいと思います。

そもそも免疫力は自律神経がバランスよく働いているかが重要な鍵と言われています。
日中、身体に程良いストレスがかかり、夜中はストレスから解放される。そのメリハリによって、免疫力は高まります。
この免疫力が高い状態を保たれると風邪をひきにくい、感染症に感染しにくくなるなどの効果があります。
では、免疫力を高める方法はどのような方法なのかをご紹介します。

1.十分な睡眠を取る。
夜しっかり眠れると朝スッキリ起きる事が出来て、昼間はしっかり動けるようになります。
睡眠と活動のリズムを確保するためにも、夜就寝前には次のことを気をけていきましょう。
a.湯船に入り、身体を温める。(下の4の内容にも通じます)
b.パソコンや携帯・スマホなどを使用しない。
c.就寝2~3時間前までには夕食を終える。

2.1日10分程度でも適度な運動をする。
体温が1℃低くなると、免疫力が約30%ほど低くなると言われています。
筋肉量と体温は比例しているため、筋肉をつけることで普段からの体温を上げることに繋がりやすくなります。
程よく汗かく程度の運動を1日10分程度行う事でも免疫力を高めるには良いと言われています。
YouTubeなどでは様々なトレーニングや運動などが紹介されていますので、ご自身にあったものを選んでください。

3.腸内環境を整えるバランスの良い食事を摂る。
免疫細胞の約70%は腸の中にいるため、腸内環境を整えることは免疫力アップに繋がります。
食物繊維豊富な食品、発酵食品、ヨーグルトや乳酸菌飲料などは期待出来ます。

4.入浴などで身体を温める
1や2にも繋がりますが、体温を上げるため、十分な睡眠をとるために入浴(湯船に浸かる)する事は最適です。
熱すぎず、ぬるすぎない程度(38〜40℃ほど)のお湯に10分以上浸かると良いと思います。
また、身体を温める食品(根菜類、イモ類、しょうが、ナッツ類、鶏肉、卵など)を摂る事もお勧めします。

5.よく笑う
えっ?と思われるかもしれませんが、よく笑う事でNK細胞という細胞が活性化され、免疫力アップに繋がると言われています。
しかも、これは作り笑いでも効果が見られるようです。バラエティー番組や好きなお笑いタレントの番組やDVDなどで免疫力アップに繋げてみてください。

現在新型コロナウィルスの治療薬はなく、感染を起こす「密集」「密接」「密閉」を避ける事が一つの行動指針となっていますが、是非ご自身の免疫力を高めて病原菌を寄せ付けない身体を作っていきましょう。


(柿沼)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。