体幹について

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

実は私スキーのインストラクターを行っているのですが、最近になって特に注目されているのが体幹です。これはどのスポーツにも言えることで、サッカーの長友選手を主として体幹の重要性が世に広まってきています。

そもそも体幹とは腹筋、背筋周辺の筋肉群です。これらの筋群は私達が直立しているときや、ボールを投げたり蹴ったりするときに身体を安定させる筋肉です。よって、体幹が強く安定していれば力の出力が上がり、筋肉を無駄なく使えることができると言うわけです。ただ、体幹トレーニングは非常に種類が豊富なためにどこから手をつけて良いのかが不安です。ここで大事なのがどのトレーニングをどの時期に行えばいいのかということ。

最適なトレーニング効果を獲得するために、正しい順序で各種目を取り組んでいきましょう。もちろん、来館して頂ければスタッフが指導致しますが、以下、基本的なことについてのポイントです!単純なもの(腹筋・背筋など)から複雑なものへ→知っているものから未知のものへ→低強度から高強度へ→静的なものから動的なものへ、です。

単純な動作、動きをコントロールしながらできるようなトレーニングは神経を軽く刺激し、バランス能力が徐々に上がってきます。更に負荷を高め、効果を上げて動的なトレーニングに移りましょう。姿勢を変化させる動的な運動は、バランス能力を高めていくことができるのです。(例:仰向け→うつ伏せ→膝立ち→両足立ち→片足立ち)


(平川)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。