メタボの判断基準は?

フィットネス・エクササイズ2020年10月24日

メタボってコトバ。皆さんも聞いたことがあると思います。
流行語にも輝いたコトバですが、メタボの判断基準をご存知ですか。
内臓脂肪が100平方センチメートル以上であり、腹囲が男性の場合が85センチメートル以上、女性の場合は90センチメートル以上の方はメタボの疑いがあります。今挙げたものだけでは判断できず、ほかにも血圧や血糖値が高いかどうか、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が低くないかどうかも重要になってきます。

このように、実際に詳しく調べてみると、いろいろと判断基準があります。
メタボにならないためにもしっかりと運動する事が重要となってきます。ランニングやマシーンを使ってトレーニングするのはもちろんのこと、意外にウォーキングでもしっかりと内臓脂肪を減らすことができます。

内臓脂肪なんてなかなか減らないと思われいる方が多いかもしれませんが、意外と減りやすいです。そのかわりに、ストレスなどによって増えたりということもあるので、体を動かしたりしてストレス発散してみてはいかがですか。
内臓脂肪は、オアシスにあるインボディという体成分測定をを行う機械で計れますのでぜひ計ってみてください。
(木内)

画像(1)身体計測結果
画像(2)内臓脂肪数値
※体成分即結果用紙より
※画像撮影者/木内


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。