骨盤と姿勢

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

みなさん骨盤前傾、後傾って聞いたことありますか。
最近はソファーが主流になっているため、座る時に背中や腰を丸める傾向が強くなっています。腰や背中が丸まってしまうと、お尻が下に下がり、肩が前に出て、胸を張ることが難しくなってしまいます。
この場合、骨盤が後傾している可能性が高いです。骨盤は下半身だけでなく、上半身にも影響を与えてしまいます。

骨盤を前傾させるには、腸陽筋という筋肉が重要になってきます。腸陽筋は歩く動作のように、足を上げたりする時に使われる筋肉です。
そのため、腸陽筋が弱いと歩く動作に支障がでてしまい、骨盤が後傾しやすくなります。

そんな時に、ボールを使ってのエクササイズが有効です。ボールに座って、お尻を引くように骨盤を前傾させる動きをボールにバウンドしながら繰り返すと効果的です。

まずはお尻を引いたり、前に出したりしてボールを遊び感覚で使ってみてください。
知らず知らずのうちに、骨盤の位置が正常になり、姿勢がきれいになっているかもしれませんよ。

(木内)
画像(1)骨盤前傾
画像(2)骨盤後傾
※画像撮影者/木所


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。