リズミカルにミット打ち

店舗イベント2020年9月26日

イベント参加人数

18名

今月も8日土曜日と13日の木曜日にキックボクシングサークルの活動を行いました。今回は2日合せて18人の方たちで行ないました。

まずフォームの確認から行います。パンチ動作、蹴りの動作それからミットという流れです。そしてミットで大事なことは、スピードとリズムです。この二つを意識するにはパンチでは脇を締めるという事。それと打ったら元の位置に手や脚を戻す事です。

写真:フォームの確認
画像(1)フォームの確認

今回はスピード・リズムを意識してミット打ちを行いました。今までと違い持つ側もミットを出すタイミングを変えて、少し動かすようにしました。やはりスピードを意識する事で、いつも以上に息が上がっている様子でした。しかしその分、普段よりいい音を鳴らしミットを打つことが出来て、スタミナアップにもなるので、効果的な練習になりました。

写真:ミット打ち蹴り
画像(2)ミット打ち蹴り

参加者の方も、「疲れたけど密度の濃い練習で楽しかった」と充実した様子でした。今後も同じ蹴りやパンチの動作でも、ただ打つだけではなく少し視点を変えて行いたいと思います。


(都築)

画像(1):フォームの確認
画像(2):ミット打ち蹴り
※画像撮影者/神山
写真:フォームの確認 写真:ミット打ち蹴り

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。