肌の乾燥を防ぐためにできること

店舗日誌2021年1月25日

冬の悩みの一つは【乾燥肌】ですよね。乾燥を放置してしまうとシワやたるみ・くすみ・毛穴の広がりの老化に繋がってしまいます。皮膚の潤い感は身体の表面を覆っている角質層にある皮脂や汗などの分泌によるものです。

冬になると、肌がカサつくのは空気が乾燥していることだけが原因なのではありません。
身体は寒さを感じると体温の低下を防ぐ為に皮膚への血流量を減らします。そうすると、皮膚の代謝が低下し、皮脂の分泌が少なくなります。さらに、外界から皮膚を守る角質細胞間の脂の生産が低下してしまうので肌がカサカサになってしまうのです。

肌の乾燥を防ぐ為に、入浴で新陳代謝を高め、軽くマッサージをして血行を良くさせ発汗を促しましょう。入浴後は、クリームで皮膚をカバーして水分蒸発を防ぎましょうね!
緑黄色野菜やうなぎ等に入っているビタミンAを摂ることも肌荒れ予防に効果的です。
自分にあったやり方で、カサカサ肌を防ぎましょう♪

写真:潤った肌を保ちましょう!
画像(1)潤った肌を保ちましょう!


(田中)

画像(1):潤った肌を保ちましょう!
※画像撮影者/田中
写真:潤った肌を保ちましょう!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。