大漁、大漁、大漁!

店舗日誌2020年11月1日

春が近づいたような暖かな気候が続いていますね。
もう既に半そでになりたい気分です。。。

先日の休みの日にまたもや八景島に行きました。
今回の目的は「潮干狩り」
3年前くらいにひょんな事から知った八景島でのもう一つのスポットです。

潮干狩りの楽しみを知った我が家では、既に毎年恒例の行事として、この潮干狩りを楽しんでいます。今では、HPで潮の満ち引きの時間も考慮に入れて家の出る時間まで決める始末です。

この日も13:00過ぎ位が干潮の時間でしたが、潮干狩りはその2時間位前からやるとアサリなども獲れやすいそうで、朝8:30ごろに家を出発して10:30位からスタート!
一度掘り出すとなかなか止める事が出来ず、延々と1時間2時間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。
ガリガリッと掘るとたくさんの貝が姿を現すため、すごく集中してしまうんですよね。
ただ、大小さまざまですから貝を選別するのが難しく最初大きいと思っていた貝もだんだん小さく見えたり、逆に小さいかなっと思っていても「まあ、いいか」って気分になってしまったり。

最終的には潮干狩りを終了し、全ての中から選別して小さい貝は全て海に返すようにしています。

家に持ち帰った後、約1日くらいはきれいな海水(なければ3%塩分濃度の水)で砂抜きして、食卓に並びます。スーパーで買ったアサリよりもすごく濃厚でコクのある味がして潮干狩りが病みつきになってしまったんです。

ニュースや新聞などでは4月下旬から5月上旬にかけて話題に挙がりますが、アサリなどは今の時期から獲れるそうで、今の時期の方が大きい貝が獲れるようなんです。
皆さんもそんな春の訪れを感じていませんか??
(柿沼)

画像(1)八景島の潮干狩りスポット
画像(2)本日の収穫(あとバケツ1/2杯ありました)
画像(3)砂抜き中
※画像撮影者/柿沼


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。