ケータイ機能の進化にフィットネスを感じる

フィットネス・エクササイズ2010年10月6日

私の住まいは見沼田んぼと呼ばれる比較的自然環境が残っている地域にあります。この辺りは、童謡「一本足の案山子」の舞台ともなったところです。

里山に近い場所柄、タウンウォーキングというよりもお散歩といったほうがしっくりくる活動(?)をお休みのたびに子供たちと楽しんでいます。今の季節、それは時として“こおろぎ捕り”になり、または“ザリガニ釣り”となるのですが、私は職業柄、『正しい姿勢で歩けているのかしら?』との疑問を常々感じておりました。というのも、私は疲れがたまってくると腰に出やすいタイプで、実はその疲れの原因は姿勢から来ていると痛感しているからなのです。

そんなある日、電車内広告に【腰に装着するだけで正しいウォーキングフォームを分析してくれる機能を持った携帯電話】が登場したことを知りました。腰に付けたケータイの軌跡を視覚化して、自身の腰の動きを知り、正しいウォーキングフォームを身に付けるのに役立てるとか。いやはやここまで来ればフィットネスが日常のものであることをお分かりいただけると思います。

さて、自己分析の後には偏った筋力バランスをスポーツクラブで整える、なんていかがでしょう。セットで行なえばなんと理想的なことか(!)、と妄想を膨らませたところで、何事もカタチから入る私は、まずはこのケータイを手に入れるところから…とひそかに計画を練る秋の夜長を過ごす今日この頃なのです。


(鈴木)

画像(1):衝撃の(!)車内広告
※画像撮影者/鈴木
写真:衝撃の(!)車内広告

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。