夏までに三角筋を鍛える

フィットネス・エクササイズ2020年7月9日

暑い日々が続き、皆さんも衣替えはもうお済でしょうか?私も暑がりなのもありTシャツを着こなす毎日を過ごしています。そんな今回は肩のラインを整えてTシャツの栄えるボディライン作りをご紹介します。

肩の筋肉の構造は3つに分かれていて前面、側面、後面に分けてトレーニングをすることができます。今回のトレーニングではリアデルトレイズというトレーニングをご紹介します。この種目では肩の後部。つまり後姿でTシャツに程よいハリを作ってメリハリのあるシルエットを作ることができます。やり方は非常にシンプルです。まずは同側の手足をベンチ台に乗せます。反対側の手には適度な重量のダンベルを握ります。

写真:スタートポジション
画像(1)スタートポジション
後はできるだけ身体の反動を使わずにダンベルを持った腕を肩の高さまで持ち上げます。
写真:フィニッシュポジション
画像(2)フィニッシュポジション
こうすると自然と肩の後ろが刺激され引締め効果が期待できます。これを左右同じ重さ、回数をしっかりこなします。

普段のトレーニングではなかなか刺激できない部位なのでぜひ皆さんもトレーニングのマンネリ化を防ぐためにチャレンジしてみてください。素敵な筋肉痛と出会えること間違いなしです。


(坂井)

画像(1):スタートポジション
画像(2):フィニッシュポジション
※画像撮影者/加藤
写真:スタートポジション 写真:フィニッシュポジション

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。