夏までに内転勤を鍛える

フィットネス・エクササイズ2020年7月9日

最近、内転筋という言葉をよく耳に、目に、しませんか?通販番組などでも内転筋を鍛えるような器具をよく見かけます。この内転筋とは内もものことですが、ここが衰えると太もものたるみの原因にもなります。内ももが引き締まると脚のラインが美しく見えます。そろそろ露出が増えてくる時期・・・。内転筋が気になる方も多いハズ!私もその1人です。そこで内転筋トレーニングのオススメ方法を自宅編とジム編の2つご紹介します。

まずは自宅編。クッション等をご用意ください。クッションをふくらはぎから足首の間にはさんでV字を10秒キープ。これを3セット。これだけです。

続いてジム編。オススメコース。有酸素運動を10分→ストレッチ→トレーニング(川口店のマシンではアブアダクターの使用をオススメします。このマシン10回をギリギリ出来る重さにセット。これを2〜3セット)→有酸素運動(これは長ければ長いほど良いですが、無理のない程度で)→ストレッチ (次の日に疲れを残さない為にです。)

皆さんぜひ試してみて下さい!私も2パターン頑張って美脚ゲットしてみせます!!


(小池)

画像(1):マシン編(アブアダクター)
画像(2):自宅編
※画像撮影者/笹井
写真:マシン編(アブアダクター) 写真:自宅編

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。