肩こり予防の大臀筋のストレッチ

フィットネス・エクササイズ2021年3月3日

一段と寒くなってきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?寒い季節は怪我予防のために一層ストレッチやウォーミングアップなどが欠かせないですね!今回のブログのテーマは肩こり予防。肩こりなので肩の周辺だけで良いと考えてしまいがちですが、下半身のストレッチも重要なのです。私がご案内する部位は大臀筋(お尻のことです!)は実は重要!前回の内村のブログでもありましたが、下半身、特にハムストリングス(ももの後ろ)や大臀筋が硬くなってしまうと骨盤が後傾します。
骨盤が後傾する。→背中が丸まってしまう→首が前に出る→肩がこる!!
というわけで肩こりは上半身だけが原因ではありません。今回は大臀筋のストレッチをご案内します。

写真:倒れないように注意します
画像(1)倒れないように注意します

1、伸ばしたい足を軸となる足のひざを乗せます(必ず倒れないように何かにつかまります)
2、軸足の膝を軽く曲げお尻を後ろに引きます。(上半身は胸を張ります)
写真:お尻を後ろにして、胸は張ります
画像(2)お尻を後ろにして、胸は張ります

3、お尻のストレッチを感じてください。
写真:座って行うとこのような姿勢です
画像(3)座って行うとこのような姿勢です

ストレッチを行うタイミングはお風呂あがりなど身体が温まっているときがオススメです!


(栗原)

画像(1):倒れないように注意します
画像(2):お尻を後ろにして、胸は張ります
画像(3):座って行うとこのような姿勢です
※画像撮影者/内村
写真:倒れないように注意します 写真:お尻を後ろにして、胸は張ります 写真:座って行うとこのような姿勢です

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。