肩こり解消の足底筋群のアプローチ

フィットネス・エクササイズ2021年3月4日

皆さんこれまでたくさんのブログをご覧になってどれか一つでも試して頂けたでしょうか?先日もオアシスで「ブログを見てこのストレッチをやっている」と教えてくれた会員様がいらっしゃいました。ぜひ皆さんも試してみてください。

今日私が紹介するのは『肩こりを改善する為の足底筋群へのアプローチ』をご紹介します。
そもそも足底筋群とはどこかと言うと足の裏のことを指します。なぜ足の裏と肩こりが関係あるのか?と思いますよね。

簡単にメカニズムをお伝えすると肩こりの原因は肩の筋肉の緊張と血行不良です。この原因は背骨の歪みから発生します。背骨が歪む理由はその土台である骨盤が歪んでしまっている場合がほとんどです。そして骨盤が歪むと左右の脚の高さが違ってきます。そうするとストレスは足の裏に掛かってきます。そして最終的に足の裏に本来出来る『土踏まず』が上手く機能せずに日常生活で歩く度に延長線上にある肩に負担を掛けてしまい一向に肩こりが解消されない場合が多々あります。

ここまでは何となく理解して頂けたでしょうか?つまり足裏の機能を正常にすれば骨盤も正しい位置に戻り背骨も真っ直ぐになり肩の筋肉の緊張などが緩和されるというサイクルが生まれます。個人差はありますが足裏マッサージをすると身体が軽くなった感じがするのもマッサージを受けた方だと何となくイメージが沸くかと思います。

では実際に足底筋群をアプローチする方法をご紹介します。
まずはゴルフボールやテニスボールといった足の裏に収まりそうなボールを準備ください。もうこれだけでOKです。あとはそのボールを30〜50回程度足裏で前後左右に転がしてみてください。ものの1分で終了するので家事や歯磨きをしながらでも簡単にできます。写真はオアシスにあるストレッチポールでも代用できます。

写真:ボールであれば前後左右に
画像(1)ボールであれば前後左右に

次にタオルギャザーという足裏活性方法をご紹介します。これも非常にシンプルでフェイスタオルを1枚準備ください。あとはそのタオルをイスに座りながら足指を使って手繰り寄せるだけで足の機能性アップに繋がります。

写真:足の指をしっかり使って
画像(2)足の指をしっかり使って

この2つを毎日やれば足裏の機能や形が理想的に保たれ骨盤や背骨が正しい位置になります。これが肩こり解消の要因の一つになります。

決して今回の紹介が肩こり解消の全てではありませんが今回ご紹介したアプローチは肩こりだけでなく腰痛などにも効果がある場合があるので参考にしてみてください。オアシスで実際に運動するのがベストですが忙しくて来館できない場合はご自宅でも試してみましょう。


(坂井)

画像(1):ボールであれば前後左右に
画像(2):足の指をしっかり使って
※画像撮影者/栗原
写真:ボールであれば前後左右に 写真:足の指をしっかり使って

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。