簡単ヨガ〜合蹠のポーズ〜

フィットネス・エクササイズ2019年10月18日

寒い日がまだまだ続きますね。今月のテーマはヨガということで、興味があっても始めることが出来ていないという方、是非これをきっかけに、初めてみてはいかがでしょう??

今日紹介するのは、合蹠(がっせき)のポーズです。
このポーズは下腹部に刺激を与えて女性ホルモンを促し、整理痛、生理不順、便秘や坐骨神経痛の悩みも解消してくれるそうです。

合蹠とは足の裏を合わせることです。
足の裏を合わせて、両膝を床に近付けるようにして股関節を開きます。

写真:左右の足の裏を合わせます。
画像(1)左右の足の裏を合わせます。

両手で両足先を持って、合わせた足はなるべく自分の方に近付けます。
お尻はしっかり床につけて骨盤は起こして、座りましょう。
写真:呼吸を意識してしっかり骨盤をおこします。
画像(2)呼吸を意識してしっかり骨盤をおこします。

背中を丸めないように、ゆっくり息を吐きながら上半身を前に倒していきます。
写真:肩甲骨を下げ、お腹を引き上げるように意識します。
画像(3)肩甲骨を下げ、お腹を引き上げるように意識します。

ゆっくり息を吸いながら体を起こしていきます。
リラックスした状態で、無理のない範囲で行っていきましょう。そして、呼吸の方法をしっかり意識することで身体の中から整えていきましょう。


(菊地)

画像(1):左右の足の裏を合わせます。
画像(2):呼吸を意識してしっかり骨盤をおこします。
画像(3):肩甲骨を下げ、お腹を引き上げるように意識します。
※画像撮影者/笹井
写真:左右の足の裏を合わせます。 写真:呼吸を意識してしっかり骨盤をおこします。 写真:肩甲骨を下げ、お腹を引き上げるように意識します。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。