簡単ヨガ〜かんぬきのポーズ〜

フィットネス・エクササイズ2019年10月14日

寒い日が続いていますね。朝寒いと寝起きがつらく感じることがありますね。
簡単ヨガのポーズということで「かんぬきのポーズ」について紹介したいと思います。

かんぬきのポーズは骨盤から体側、内臓に適度な刺激をあたえます。

1.まずは正座の状態からゆっくりとお尻を持ち上げ、ひざを立てます。
骨盤と胸は正面を向けましょう。

写真:骨盤はしっかりと正面を向けましょう
画像(1)骨盤はしっかりと正面を向けましょう

2.体がずれない程度の幅に、左手を真横へ伸ばします。
右の体側は肩と腰を一直線に保ちましょう。
伸ばした足は指先からかかとまで、床に付けます。
*ふくらはぎがつらい場合は、指先を上げた状態で行いましょう。
写真:足をまっすぐ伸ばします
画像(2)足をまっすぐ伸ばします

3.左手はもものうえに、右手は高くあげて右の体側を最大限に伸ばします。
息を吐きながら、ゆっくりと伸ばした足の方向に身体を傾けます。
骨盤が中に入らないように意識しましょう。
*目線は正面を向け、ゆっくりと呼吸をしていきましょう。
写真:無理の無い範囲で行いましょう
画像(3)無理の無い範囲で行いましょう

1→2→3の順で行ない3→2→1の順で元の姿勢に戻りましょう。

左側を伸ばしたら次は反対側を伸ばしましょう

朝起きるのがつらいと思ったときこのかんぬきのポーズを試してみてください
きっとスッキリ起きれますよ


(森)

画像(1):骨盤はしっかりと正面を向けましょう
画像(2):足をまっすぐ伸ばします
画像(3):無理の無い範囲で行いましょう
※画像撮影者/舟木
写真:骨盤はしっかりと正面を向けましょう 写真:足をまっすぐ伸ばします 写真:無理の無い範囲で行いましょう

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。