猫背改善、始めました

フィットネス・エクササイズ2019年12月10日

こんにちは。街中で新しい制服を着ている中学生や高校生を見ると、とても新鮮さを感じます。私も同じように、4月からオアシスのユニフォームを身にまとうことができました。今まで以上に元気な笑顔で頑張りますので、よろしくお願いします。

私は最近、オアシス川口店の6チャレンジにもある、姿勢柔軟性チェックをしてもらいました。チェックをしてもらい、わかったことは、姿勢が猫背ということです。猫背は、肩こりや腰痛になりやすく、見た目もとてもよくありません。そこで、私は正しい姿勢になおすために、「猫背改善ヨガポーズ」をはじめました。ヨガのポーズのドッグ、キャットのポーズです。

そのやり方をご紹介します。
まず始めに、四つんばいになります。足は腰幅に開き、肩の下に手をつき膝を90度にします。

写真:最初のポーズ
画像(1)最初のポーズ
その状態からドッグのポーズに移ります。肩甲骨をよせ、胸をひろげます。この時にあごをあげ、お尻を突き出します。しっかりと骨盤を前傾にさせます。
写真:ドッグのポーズ
画像(2)ドッグのポーズ
次に、キャットのポーズにうつります。キャットのポーズは、肩甲骨を開き、背中を丸めます。そして、おなかをえぐるように丸めます。しっかりと骨盤を後傾させます。
写真:キャットのポーズ
画像(3)キャットのポーズ
この動作を5回ずつ繰り返して行きます。ポイントは、呼吸を止めずにおこなうことです。

普段の生活から、猫背にならないように、背筋が真っ直ぐになるように意識しています。例えば、電車を待つ少しの間でも意識するようにしています。皆さんも普段の生活のちょっとした時間思い出して意識してみて下さい。そして猫背改善ポーズも、是非ためしてみてください。一緒に猫背を改善して姿勢美人目指しましょう。


(小泉)

画像(1):最初のポーズ
画像(2):ドッグのポーズ
画像(3):キャットのポーズ
※画像撮影者/飯島
写真:最初のポーズ 写真:ドッグのポーズ 写真:キャットのポーズ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。