今月のテーマ「姿勢柔軟性」

フィットネス・エクササイズ2019年10月16日

皆さん、このページを見るためにはきっとパソコンや携帯電話を利用されているはずです。一旦、ページから目を離し、ご自身の今の姿勢に注目してください。背中、丸まってませんか?いわゆる猫背といわれる不良姿勢ですね。 ・・・まあ私もこの文章を打っているときは前屈みですけどね。不良姿勢の原因のひとつに「生活における身体の癖」が挙げられます。「仕事がデスクワークやし仕方ない!」「こっちの方が楽やで!」はい、わかります。しかし身体にとってはおおいに負荷のかかる姿勢となっています。首、肩周辺の筋肉は凝りっぱなし・自律神経の乱れによる内蔵機能の不調・歩いたり、走ったり何か疲れやすいかも・下っ腹が出ているように見えてくる・・・。様々な影響を身体に与えてしまいます。いかん、どうにかせなあかんというわけで今回はストレッチ&トレーニングのご紹介。

1、膝は軽く曲げて寝ます。下の手を枕にでもしましょう。上の手を耳の横にセット。

写真:背中の伸びを感じます。
画像(1)背中の伸びを感じます。

2、肘を後方に引きます。肩甲骨を寄せる意識を強く持ちます。
写真:背中の縮みを感じます。
画像(2)背中の縮みを感じます。

動作中は吸って吐いてと呼吸を繰り返します。お腹を引き上げるように意識しましょう。

今回は1つ、動作をお伝えしましたがストレッチ&トレーニングはもっと沢山あります。川口店では「姿勢柔軟性チェック」というサービスがあります。身体の歪みや柔軟性をチェックし、最適な改善トレーニングを提案します、というものです。詳細はHPのトップの6チャレンジの項目からご確認をお願いします。ちなみにそのチェックで沢山の方のお悩みを聞いてきたわけですが、圧倒的に多かったワードが「猫背」です。沢山の方が気にされてるんですね。

ではでは、かっこいい機能的な身体で夏を過ごしましょう。


(長谷川)

画像(1):背中の伸びを感じます。
画像(2):背中の縮みを感じます。
※画像撮影者/阿部
写真:背中の伸びを感じます。 写真:背中の縮みを感じます。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。