姿勢柔軟性〜筋膜のほぐし方編〜

フィットネス・エクササイズ2019年10月16日

梅雨を迎えジメジメとした天候が続く中、いかがお過ごしですか。外出もしにくくなって、ぐっと身体を動かす機会が減ってしまわれていたりしませんか。姿勢柔軟性をテーマとしている今回は、美しい姿勢を保つのに重要な「筋肉のほぐし方」についてです。

筋肉とは、細い細い繊維が束になっているものを指します。その束は膜に覆われていて、それを筋膜といいます。今日は、この筋膜をほぐす方法をご紹介します。

今回は『足裏』の筋膜をほぐしていきます。変化を実感していただくために、最初(ほぐす前)と最後(ほぐした後)に前屈をしてみてください。ほぐす為に用意するものは、テニスボールやゴルフボールといった足裏に収まるサイズのボールのみです。このボールを、足裏の窪み(土踏まず)の部分にセットし、そのまま上下にゴロゴロゴリゴリします。理想はこの上下運動50回を左右1セットずつ。痛いと感じる部分は、特に念入りにゴリゴリしてあげてください。

写真:「痛いけど気持ちいい」状態がベストです
画像(1)「痛いけど気持ちいい」状態がベストです
終わってから前屈してみると、身体の硬い私でも効果を実感することができました。足裏の筋膜が緊張してしまうと、可動域が制限されてしまいます。ちょっとした時間で筋膜をほぐしてあげましょう。


(藤野)

画像(1):「痛いけど気持ちいい」状態がベストです
※画像撮影者/藤野
写真:「痛いけど気持ちいい」状態がベストです

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。