片足で何秒立てますか?

フィットネス・エクササイズ2021年3月8日

片足立ちになったときにふらつくことはありますか?
日常生活で片足立ちのまま過ごすことはあまりありませんが、ふいに片足立ちになる瞬間は多くあります。
例えば、階段を上るとき。次の段に足をかける時は必ず片足立ちになります。降りるときも同様です。
今回は、片足でのバランスがとりやすくなる、即効性のあるトレーニングをご紹介します。

まずはご自身のカラダをチェックしてみましょう。
壁や手すりのあるところで、片足ずつ上げてみてください。

写真:無理は禁物
画像(1)無理は禁物
手を壁や手すりに添えたままでも構いませんし、背中を壁にぴったりとつけておくのもOKです。
その際の、カラダのふらつき具合、軸のぶれ具合、片足のまま立っていられる時間などなど、ご自分のカラダを感じてみましょう。
チェックが出来たら、バランスがとりづらかった方の足をまずはトレーニングします。
片足立ちになる時、当然ですが軸足がしっかり踏ん張れないと、ふらふらします。この軸足の中でも、特に中臀筋というお尻の横っちょの筋肉がしっかり働いてくれないと、カラダがふらつく原因につながります。

では、簡単にできる中臀筋のトレーニングをご紹介します。
まず、横向きに寝ます。そして、骨盤を手で押さえながら、上の足を上げます。

写真:呼吸は止めずに
画像(2)呼吸は止めずに
この時、かかとが天井、つま先が床の方を向くように足を上げてください。ヒザは伸ばします。
足を上げていって、お尻の横にくぼみができるところ、そこが中臀筋です。そこに力が入っているのを意識しながら、10秒キープします。
これだけ!
この後、もう一度同じ足で立ってみてください。先ほどよりもバランスがとりやすくなっているのを感じていただけると思います。

カラダはとても素直です。トレーニングをすればスムーズに動いてくれますし、サボればその分姿勢が歪んだり、脂肪が増えたり、あちこちが痛くなったり。普段動かさない部分があれば、そこは動かないままですし、無理に動かしている所は、そのうち悲鳴をあげてきます。まずは、ご自分のカラダに興味を持って、トレーニングによる変化を感じてみてください。私たちが精一杯サポートさせていただきます!


(阿部)

画像(1):無理は禁物
画像(2):呼吸は止めずに
※画像撮影者/舟木
写真:無理は禁物 写真:呼吸は止めずに

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。