休みの過ごし方

マネージャーのヒトリゴト2020年8月8日

我家の次男は少年野球をやっており、私も週末がお休みの時は朝早くからコーチとして参加しています。練習であれば準備体操・キャッチボール・ノック・バッティング等を行ない試合形式の実践練習をしていますが、いざ試合となると子供達もいいプレーをみせようとします。

さて、野球には審判が必要ですが我チームはコーチ達が交代で行ないます。私も審判をやった経験がありますが、実はこれがハラハラドキドキなのです。ストライクやボールの判定・アウトカウントの把握等、一瞬で判定しなくてはならないため試合終了まで気がぬけません。きわどいアウト・セーフのコールの際は全神経が集中しています。先輩コーチにアドバイスをもらったり審判講習会に参加したりしていますが、審判をするたびに汗だくになっています。お陰で休みの日は家族の中で1番最初に寝ているらしく、気が付けば朝だったことも・・・

休みの日は「のんびり」とも思いますが、野球が大好きな子供達やコーチ達と過ごす1日はとても貴重な時間です。自宅と仕事場の往復するだけだった生活でしたが、野球という場所が新たに加わったことで生活空間がとても広がりました。色々な場所があるとイキイキと過ごせる空間が広がるのでは感じています。


(柏原)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。