続けること。

店舗日誌2020年8月8日

「夏・スポーツ」といえば思い出すのがインターハイ。各地域から勝ち抜いてきた選手たちが集い、全国No.1を決める大会です。私も過去に二度出場し、ある時は自分自身の弱さに涙し、またある時は勝利を勝ち取り仲間と喜びを分かちあった、今となってはとても貴重な大会でした。

最高のパフォーマンスを発揮できた時の自分はどうやって練習に取り組んでいたのか?と今一度、過去の試合ビデオを見ながら思い出してみました。「結果の追求ではなくてプレースタイルを追求し続けていたこと」「これだけは負けない!と言い切れた自信の強さ」「負けたのは相手が強かったからではなくて自分自身に原因があると思えたこと」「勝ち試合を通過点と捉えていたこと。」表現は大げさですが、おそらく当時の私はこのように考え、行動していたのでしょう。もちろん高校時代そんな事は頭になく、ただがむしゃらに頑張っていたと思います。無心で取り組む。そして振り返ってみて、初めて気づく。きっとそれほど没頭していたのでしょうね。

オアシス川口の会員様の中でも、高校生・中学生と、学生時代の貴重な時間をスポーツに費やし日々頑張っている方がたくさんいらっしゃいます。私も同じようにスポーツをしていたからこそ、尊敬の念をもつし、やるからには最後まで諦めずに頑張ってほしいと思います。キッズスクールでスポーツに取り組む子どもたちも、何か1つ、是非このオアシスで没頭できることを見つけて、そして追求するきっかけを掴んで頂けることを、心底願っております。

なにより私自身、もっと努力せねばと改めて感じたのは言うまでもありません。(苦笑)果たして今年のインターハイからどのような選手が現れるのか。楽しみでなりません。


(西村)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。