完全無農薬〜唐辛子〜

店舗日誌2009年9月3日

皆さん唐辛子の辛み成分は「カプサイシン」ってご存知ですよね。
カプサイシンには血行を良くし、発刊を促す働きがあり脂肪燃焼や肥満予防にも効果があると言われてますね。一般的には赤くなってから収穫し乾燥させて和・洋・中どんなお料理にも便利に活用していることかと思います。
我が家ではその他に畑で青い(緑)時点で実だけ収穫し、フードプロセッサーにかけてお味噌と混ぜて辛味噌を作ったり、沖縄の調味料「高麗辛子」コーレーグースを真似て泡盛と醤油と混ぜ半年寝かせてから調味料として活用しています。

辛味噌はそうめんの薬味として活用したりマヨネーズと混ぜて野菜スティックにつけて食べたりしてますが、一番のオススメは焼いた鳥肉に辛味噌を少しのワインで溶いて塗り更にちょっと表面を焦がして香ばしくしてから食べるのがオススメです。

コーレーグースもどきはゴーヤチャンプルやビーフン、等炒め物にほんのちょっとかけて食べるとピリッとスパイシーで後を引く感じがオススメです。
ところで「コーレーグース」って沖縄島唐辛子の事らしいのですが泡盛の貯蔵期間が長い「古酒」(クース)に漬け込んだ島唐辛子と言う関係でコーレーグースって説もあるらしいですよ。
次回は自家製「柚子コショウ」を作って見たいと思っています。お鍋の季節に向けて。


(笹井)

画像(1):新鮮青唐辛子
画像(2):目に沁みるカプサイシン
画像(3):自家製コーレーグースもどき
※画像撮影者/笹井
写真:新鮮青唐辛子 写真:目に沁みるカプサイシン 写真:自家製コーレーグースもどき

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。