スープに纏わるおはなし

食事・栄養・レシピ2020年12月4日

中国で2400年前のスープが入った鼎が見つかったという記事を読みました。今年が西暦2011年ですから2400年前と言えば紀元前、時代は秦の始皇帝の頃とか。いやはや、よくも蒸発せずに残っていたものです。スープは鳥の骨が入った液体状で、ほぼ完全な状態だったそうです。その時代の人たちはどんな食習慣だったのでしょうか、今後の分析作業に興味津々です。

さて、我が家の今夜の献立はロールキャベツ。宴会続きのお父さんには、キャベツに含まれるビタミンUが胃粘膜の新陳代謝を活性化させたり、胃酸の過剰な分泌を抑える働きが、また、お酒を飲まない方にとってもビタミンCが免疫力を強化して風邪の予防や美肌効果、疲労回復にも効果を発揮しますので今の時期にはぴったりですね。

今夜はあったかなロールキャベツはいかがでしょいうか?


(鈴木)

画像(1):熱っつアツのロールキャベツで身も心も暖まります。
※画像撮影者/鈴木
写真:熱っつアツのロールキャベツで身も心も暖まります。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。