トレーニング前後の食事

食事・栄養・レシピ2020年7月16日

朝晩は少し寒くなり、昼間も過ごしやすい気温になって、やっと秋が感じられるようになってきました。この時期のランニングはとても走りやすいですよね。9月はランニングサークルというイベントを開催していて、私もお手伝いさせていただきました。9月の終わりに近づいてくるにつれ、涼しくなり、とても気持ちよく参加者の皆さんと一緒に走ることができました。

ところで皆さんは、夜のランニングに限らず、マシンジムでのトレーニングの前に食事をしますか?それともトレーニング後に食事をしますか?さまざまな食事のタイミングがあると思いますが、トレーニング前も後も食べている場合、どちらも1回の食事の量を食べてしまうと1日の食事のカロリーをオーバーしてしまいます。そこでオーバーしないために食べ方の工夫をしていきましょう。通常の夜の食事を「10」と考え、トレーニング前に「3」食べたら、トレーニング後は「7」食べるという事をしていくと1日の食事のカロリーをオーバーすることなく、1日に必要な栄養を摂ることができます。

食事のポイントとして、寝る2時間前に食べるのは太る元になってしまいますが、疲労回復の観点からすると、トレーニング後、何も食べずに寝てしまうのはNGです。この時の食事は、胃に残りやすい油ものを避け、雑炊やうどんなどの消化しやすいものを食べるのがいいです。

また、トレーニング後から食事までに時間があいてしまう場合、トレーニング直後30分以内におにぎりやカステラなどの「糖質+たんぱく質」をとり、その後の食事は軽くするという方法もあります。

トレーニング後はしっかり栄養補給をして、次回のトレーニングに繋げていきましょう。


(築達)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。