疲労回復に効果がある栄養素

食事・栄養・レシピ2019年12月14日

暑い日が続いていますが皆さん夏バテしていませんか?夏バテ予防シリーズも終わりに近づいてきました。今回は疲労回復に効果がある3種類の栄養素についてお話したいと思います。

ビタミンB1、アリシン、クエン酸この3種類は疲労回復に効果があると言われている栄養素です。ビタミンB1は、摂取した糖質をエネルギーに変えるために必要なもので、主に、うなぎ、豚肉、鯛、ぶり、大豆、モロヘイヤ、玄米、ほうれん草、ごま等に含まれています。但し、一定量以上は体に吸収しにくい特徴があります。これを吸収しやすくするために必要なのがアリシンです。アリシンは、ビタミンB1の吸収を促進し、効果を持続させます。主に、ニンニク、ニラ、ネギ、玉ネギ等に含まれています。3つ目のクエン酸は、体内に貯まった疲労物質を早く代謝させます。主に、レモン、グレープフルーツといった柑橘類、酢、梅干し等に含まれています。この3つの栄養素が豊富な食材をとり入れることで疲労回復のためのメニューができてきます。

例えば、うな重です。うなぎにはビタミンB1が豊富に含まれています。しかし、ビタミンCが全くないので他の食材で補う必要があります。他には、豚肉があります。豚肉の脂身には、オレイン酸、ステアリン酸等のコレステロールを低下させてくれる脂肪が多く含まれていて低カロリーなのです。

暑いこの季節には糖を燃焼させるビタミンB1が、他の季節に比べて2〜3倍消費され不足しがちです。そのため疲労もたまりやすく夏バテが起こってしまいます。これは汗や尿から排出されてしまうので、特に夏場は意識的に摂取を心掛ける必要があります。

今年の夏もあと残りわずか・・・。暑さに負けず、気持ちよく運動をして、おいしいものを食べて乗り切りましょう!


(築達)

画像(1):グレープフルーツたち
※画像撮影者/築達
写真:グレープフルーツたち

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。