秋の味覚といえば〜巨峰編〜

食事・栄養・レシピ2012年10月13日

最近いっきに涼しくなり秋らしくなってきました。秋の味覚といえば〜シリーズですが、今回は巨峰について紹介したいと思います。ぶどうの王様とも呼ばれる巨峰ですが、ブドウ糖やビタミンE、ビタミンB1などたくさんの栄養が含まれています!特にブドウ糖は、ぶどうに多く含まれている事からブドウ糖と名前がつけられたぐらい豊富に含まれているんです。その効果は、疲労回復にとても効果的だそうです。そんな巨峰の食べ方についてですが、皮を剥き、種を出してから食べる方が多いと思います。でも実は水洗いをし、皮ごと口に入れ、後から皮と種だけ出す方がぶどうに含まれている栄養を十分に体内に取り入れることができるんです。
良く耳にするポリフェノールという成分は、老化防止などに効果があると言われていますがそのポリフェノールは皮や種に含まれているそうです。
また、巨峰は1房だいたい150kcal前後とカロリーが低いので、低カロリーで体内に栄養素が取り入れられるのは最高ですよね、疲労回復の効果もあるので運動後に食べるのもいいと思います。

写真:今年初巨峰!
画像(1)今年初巨峰!

最後に、私も巨峰が大好きですが、時々種なしの巨峰が手に入ると冷凍庫で凍らせます!凍らせてから食べるとアイスみたいになりとてもおいしいのでみなさんも是非試してみてください!!


(小松田)

画像(1):今年初巨峰!
※画像撮影者/小松田
写真:今年初巨峰!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。