秋といえば〜梨編〜

食事・栄養・レシピ2019年12月10日

さて、秋の味覚シリーズ!私が最後となります。今回は『梨』です。私の場合はシンプルに剥いて食べるわけなのですが、どんな栄養を含んでいるのかちゃんと知って食べるのとでは、意味合いや効能が変わってくるかと思います。

写真:瑞々しい梨。おいしそうですね。
画像(1)瑞々しい梨。おいしそうですね。

まず、水分がとても多く含まれており、カリウムがとても豊富で汗と一緒に失ったときなどにオススメです。また、アスパラギン酸というアミノ酸が疲労回復に役立ちます。
他にも、プロアテーゼという消化酵素があり、料理の際に使うとお肉を柔らかくできるそうです。消化を助けることからデザートに食べるだけで、OKという万能な果物なのです。

消化効果から1番多くご飯を食べる夕食後にオススメかと考えているのですが、熱を出された場合にも梨がオススメです。前に挙げた水分はもちろんのこと、梨に含まれるソルビトールには咳を止める効果や、解熱の効果があります。

この季節、美味しい食べ物が多くなってくるので、つい食欲旺盛になってしまうかと思うのですが、是非この機会に梨を食べて、消化を促してみるのはどうですか?さて、今月は秋の味覚シリーズやってきましたが、いかがだったでしょうか?是非、次は皆さんの思う秋の味覚を堪能してみてください。


(田所)

画像(1):瑞々しい梨。おいしそうですね。
※画像撮影者/田所
写真:瑞々しい梨。おいしそうですね。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。