春の七草

食事・栄養・レシピ2019年10月20日

昨日は1月7日。日本にある古くからの風習、七草粥をいただく日でもあります。新年の無病息災や豊作を願って炊き、またお正月で疲れた胃や腸を整えることもできます。

春の七草は、「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」ですね。今はとても便利なことに、スーパーで七草粥セットが置かれていて、より手軽に作ることが出来るようになっています。七草は栄養面でも優秀で、お正月料理で不足してしまった栄養分を補ってくれることも期待できます。おせちなど味の濃いものやアルコールが多かった日々のなか、グリーンの入ったさっぱりとした薄味のおかゆは、なんとなく身も心も落ち着けてくれるようです。

写真:
画像(1)

わが家でも、昨晩は七草粥を作りました。それほど胃は酷使したつもりはありませんでしたが、たまに食べるおかゆはとても優しくて美味しかったです。2016年の無病息災を願いながらいただきました。

食事でリセットしたお正月気分。少し食べ過ぎてしまったと正直に話してくださる会員様もいらっしゃいますが、ぜひオアシスで過ぎてしまったことをなかったことに!リセットしましょう!


(新井)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。