Korean Cuisine

食事・栄養・レシピ2021年3月5日

9月に入ってからすっきりとしない日が続きますね。
皆様は今年の夏休みはどのようにして過ごされましたか?
私は韓国に旅行に行ってきました。私は旅行が趣味でこれまでにも10か国ほど訪れたことがあるのですが、韓国に行くのは人生で初めての経験でした。

写真:
画像(1)

海外旅行の楽しみといえば、日本では味わえないその土地特有の文化を体験することです。古代では日本と韓国は通訳を介さずに様々な交流をしていたという記録も残っているほど文化的に身近な存在でありましたが、現在は日本と韓国では文化的に大きく異なっています。
中でも特に大きく異なるのが食文化ではないでしょうか。韓国料理の特徴は何と言っても唐辛子です。なんでも韓国人一人あたりの唐辛子の消費量は日本人一人あたりのおよそ70倍だとか。とにかくどこのお店に行っても辛いものだらけです。
写真:
画像(2)

しかしこの唐辛子という食材、ただ辛いだけじゃないんです。唐辛子が辛いのは“カプサイシン”という成分が原因なのですが、これを摂取すると発汗作用や強心作用が働くため、体が燃えるような感覚になります。また、唐辛子の刺激が胃腸を活発にしたり消化液を分泌させたりするので、食欲を増進させたい方にも最適です。ほかにもビタミンC、βカロテン、ビタミンEなど様々な栄養素が含まれています。
皆様もぜひ韓国を訪れ、唐辛子を使用した料理をたくさん召し上がっていただければと思います。本当に美味しかったです!
写真:
画像(3)


(高木)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。