早朝リズム運動で快適な生活を!

健康2019年10月18日

「早朝ランニング」を実践されている方が近年増加傾向にあることをご存知でしょうか?
私も、朝5時に起床して近くの公園へ向かい、トレーニングの為1時間かけて10km走る習慣をつけています。まだ薄暗い時間帯ではありますが、多くの方がウォーキングされています。早朝ランニングを継続していると、私の日常生活、特に精神的側面に大きな変化を実感しています。「より前向きな気分で物事に取り組むようになった」「普段面倒に感じることも率先して行なうようになった」などです。この変化について調べたところ、背景には科学的な裏付けがあるようです。

まずは「早朝に浴びる太陽光」。朝早く起きて太陽の光を浴びることにより、脳内の自律神経の働きを活性化し、健全な心と身体をつくる大きな効果があるようです。さらに深く追求したところ「セロトニン神経」という脳内伝達物質の活性化が気分の変化に大きく関係していることがわかりました。

セロトニン神経は、緊張状態を緩和し、交感神経と副交感神経のバランスを取る働きがあります。その結果、すっきりした、爽快な気分になれるのです!運動開始5分ほどでセロトニン神経が徐々に活性化し始め、30分程でピークに達するとされています。

より快適な1日を過ごされる手段として、「早朝リズム運動」を取り入れられてみてはいかかでしょうか?
※リズム運動…ウォーキングやランニングなど、同じ動作を反復して行なう運動


(西村)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。